想定外のXイベントに対処するシステムズ・レジリエンス学の最新動向


HOME

 国内外の代表的研究者が、システムズ・レジリエンス研究の代表的な取り組み状況及びその研究成果を概観し、情報学、環境学、ビジネス等、様々な領域のベストプラクティスを紹介します。特に複雑系システム研究の第一人者であるJohn Casti氏を中心に設立された国際的な研究者のネットワークであるXセンター、そしてその主要メンバーである日本人研究者が国内に設立した「日本Xセンターフォーラム(FoXc-J)」における様々な想定外の『Xイベント』に関する研究活動を網羅的に紹介し、今後のレジリエンス研究の動向・方向性を活発に議論します。


 
26日:

コーディネータ (Coordinator):統計数理研究所副所長・教授 丸山宏

(Hiroshi Maruyama, Vice Director-General, Professor, Institute of Statistical Mathematics (ISM))
 
   

オープニング (Opening)

    情報・システム研究機構機構長 北川源四郎
(Genshiro Kitagawa, President, Research Organization of Information and systems)
  ※1日目の講演は英語の場合は、同時通訳あり
  Session1

■Why resilience now?

  10:00-10:30

レジリエンス学への期待 (Expectations for Resilience Research)

    独立行政法人・科学技術振興機構 (JST)
社会技術研究開発センター長 有本建男
(Tateo Arimoto, Director-General, Research Institute of Science and Technology for Society (RISTEX), Japan Science and Technology Agency (JST))
  10:30-11:20

「The Trend is not Your Friend」

    John Casti,President The X-Center
 
  Session2

■Resilience research world wide

  11:20-12:00

Resilience Challenge for New Administration for coming 5 years

    Leena Ilmola and Byeongwon Park, Representatives from X-Centers worldwide
  12:00-13:30

昼食休憩 (Lunch break)

 
   

午後のオープニング(Opening for the afternoon sessions)

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)総務企画部長 東條吉朗
(Yoshiaki Tojo, Director-General, General Affairs & Policy Planning DepartmentNew Energy & Industrial Technology Development Organization (NEDO))
  Session3

■Synonyms of resilinece research: risk management and dependability

  13:30-14:00

Risk Management for X-Events  配布資料(PDF)

    統計数理研究所副所長・教授 椿広計
(Hiroe Tsubaki, Vice Director-General, Professor, ISM)
  14:00-14:30

情報社会のディペンダビリティ(Dependability of Information Society)

    キヤノン株式会社 顧問 南谷崇 (Takashi Nanya, Adviser at Canon, Inc.)
 
  Session4

■Ongoing resilience research in Japan

  14:30-14:45

イノベーションと消費の協創が拓くレジリエントなビジネスモデル
(Innovation-consumption co-emergence leads a resilient business model)

    東京工業大学名誉教授/東京成徳大学教授 渡辺千仭
(Chihiro Watanabe, Professor Emeritus, Tokyo Institute of Technology/Professor,
Tokyo Seitoku University)
  14:45-15:00

不確実性と需要予測
(Uncertainty and demand forecasting)

    慶應義塾大学教授 松川弘明
(Hiroaki Matsukawa, Professor, Keio University)
  15:00-15:10

レジリエントな都市設計
(Resilient urban system design)

    国立環境研究所主席研究員 山形与志樹
(Yoshiki Yamagata, Principal Researcher, National Institute for Environmental Studies)
  15:10-15:30

TRIC Systems Resilience Project  配布資料(PDF)

    統計数理研究所 丸山宏 (Hiroshi Maruyama, ISM)
  15:30-16:00

休憩 (Break)

     
   

パネルディスカッション (Panel discussion)

  16:00-17:30

Why resilience matters?

    司会 (Moderator):統計数理研究所 丸山宏 (Hiroshi Maruyama, ISM)

パネリスト (Panelists)
・JST RISTEX 有本建男 (Tateo Arimoto, JST)
・The X-Center(John Casti),
・Leena Ilmola
・東京工業大学 渡辺千仭 (Chihiro Watanabe, Tokyo Institute of Technology)
・キヤノン株式会社 南谷崇 (Takashi Nanya, Canon, Inc.)
・統計数理研究所 椿広計 (Hiroe Tsubaki, ISM)
  18:00-21:00

意見交換会 (Reception)

    会場:日経ビル6セミナールーム
    会費:1000円
 

トップへ戻る


 
想定外のXイベントに対処するシステムズ・レジリエンス学の最新動向
 
●日 (Date): 2013年2月26日(火) (Tuesday February 26, 2013 )
●時間 (Time): 9:30 -18:30
●開催会場 (Place): 日経カンファレンスルーム (Nikkei Conference Room)
●所在地: 〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階
●交通アクセス: 【東京メトロ】
千代田線「大手町駅」神田橋方面改札より徒歩約2分
丸ノ内線「大手町駅」サンケイ前交差点方面改札より徒歩約5分
半蔵門線「大手町駅」大手町方面改札より徒歩約5分
東西線「大手町駅」中央改札より徒歩約9分
東西線「竹橋駅」4番出口より徒歩約2分
【都営地下鉄】
三田線「大手町駅」大手町方面改札より徒歩約6分

  地下鉄「大手町駅」下車C2b出口直結